なぜ業者は廃車の買取に応じているのか?廃車の買取にまつわる雑学を紹介!

このサイトでは長く乗った古い車や台風や洪水などでやむ負えず水没してしまった車、駐車場に置きっぱなしでいつの間にかタイヤが盗まれた車など、自動車ディーラーでは下取り価格がほとんどなかったのに廃車専門業者はなぜ買取りしてくれるのか、その理由を詳しく解説しています。
古くても、水没していても、タイヤがなくても単純にスクラップするだけではない場合がありますのであきらめる前にぜひこのサイトを参考にしてください。

なぜ業者は廃車の買取に応じているのか?廃車の買取にまつわる雑学を紹介!

新しい車に買い替えたいと思ったら今乗っている車をどうするか考えますよね。
まだ年式が新しい車や、古くても人気がある車だと自動車ディーラーや買取業者も高く買ってくれる事があります。
しかし年式が古くて長く乗った車だとほとんど値段がつきません。
そんな時は一度廃車専門の買取業者に聞いてみると良いです。
最近では旧車ブームで古い車の部品を探していたなんていう事や、その車が海外でとても人気のある車かも知れません。
皆さんも海外では日本の中古車がともて人気がある、と言う雑学を聞いた事があると思います。
廃車だからとあきらめる前に一読してからでも遅くはありません。

廃車を買取に出すタイミングは3月が良い

廃車を買取に出したいけど、ベストなタイミングはあるのかと気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?買取にベストなタイミング、実はそれは3月です。
なぜかといいますと、自動車税は毎年4月1日現在の名義人に課税されるというルールが大きいからです。
登録抹消手続きを終えるのが4月になってしまうと、たとえ1日だけの所有であっても翌年度分の自動車税を納付しなければならないのです。
普通自動車の場合、納めた自動車税が月割りで還付されます。
例えば10月に登録抹消手続きが完了したとして、11月から翌3月までの5カ月分が返金されることになります。
このとき注意しなければならないのが軽自動車を廃車にする場合で、軽自動車に課税される自動車税には還付金がありません。
4月に手続きがずれ込んでしまうと、その後ずっと乗らないとしても1年分の税が丸々課されてしまうことになるのです。
このことから年度末の手続きはたいへん混雑するため、時間に余裕をもって行うことが大切です。

廃車買取された輸出車がなぜ海外に人気なのか?

廃車買取された車であっても海外では人気というのはごく当たり前のようにあります。
今では日本の製造業の力は20年前とか30年前に比べるとナンバーワンとは言えないのかもしれませんが、それでもメイドインジャパンの錦の御旗の信頼感は海外では決して揺らいでいません。
品質が高く、長く使い続けることができて多少のことでは壊れないといったものであり、これは日本では廃車になってしまったような車両に対しても当てはまるのです。
海外に輸出されると、現地では何事もなかったかのように現役で走り続けるクルマはいくらでもあります。
もしもう全く自走はできないくらいになってしまったとしても、品質の高さゆえに各パーツには高い需要が残ります。
他の古くなったクルマの部品取りの役目を立派に果たすことができるためです。
日本と海外の一部の国とでは、クルマだけでなくそもそも物全般に対する考え方が異なり、もちろん豊かさも異なりますので、このようなことは別に珍しくありません。

廃車買取された車は部品として再利用される

廃車買取は乗れない車を買い取ってお金になるのか疑問を抱きがちですが、部品単位で再利用されるといえば納得できるのではないでしょうか。
廃車はそのままだと確かにガラクタですし、置いておくだけでも邪魔な置物になってしまいます。
しかし、部品単位で注目すればまだまだ使えるものが見つかりますし、取り外して売却すれば買い手がついてお金になります。
買取業者はこのように利益を生み出すビジネスモデルを実践しているので、例え無価値に思える廃車であってもプロが見れば宝の山に見えます。
当然ですが需要は国内だけでなく海外にもありますから、海外の販路を含めて高く売れるかどうか判断して、利益が出る価格で買い取っているわけです。
廃車も完全には再利用できませんが、全てをゴミとして埋め立てるわけではないので、リサイクル率はそれなりに高いですし環境負荷を低減するのに一役買っていますから、実は間接的に環境を守っているともいえるのではないでしょうか。

スポーツカーの廃車買取依頼が多いのはなぜか?

スポーツカーは優れた走行性能や醸し出す高級感などからたくさんの人たちが憧れを抱いている車ですが、実は廃車率が高い傾向があり、その理由として廃車買い取りの高価査定が挙げられます。
スポーツ車は優れた走行性能が売りなことから簡単に使いこなせるものではなく、あまりの性能の高さゆえ上手に扱うには高い技術が必要です。
当然慣れていない人が操作すれば事故を起こしてしまい、故障して廃車されるケースが非常に多いのです。
また高速運転を楽しむという目的から、搭載されるエンジンは出力が高くスピードが出しやすくなっているため、無茶な運転をしてエンジンに相当な負担をかけて故障してしまいます。
燃費性能も悪くガソリン代もかかり、常にメンテナンスも必要で維持費が相当高くなる為、続かず手放してしまうという場合もあります。
廃車となれば名義を一時抹消登録して観賞用として眺めていたいところですが、その保管場所が無いことがほとんどでやはり処分という結果になります。
しかしこのような難しそうな車でも、買取専門業者ならほとんど買い取ってくれるし、むしろスポーツカーは、中古車市場での需要も高く高値で売れる可能性が充分ある為、スクラップ業者に買い取ってもらって鉄くずにするよりも、買取業者に依頼した方が査定額が高くなりお得なのです。

に関する情報サイト
廃車の買取にまつわる雑学

このサイトでは長く乗った古い車や台風や洪水などでやむ負えず水没してしまった車、駐車場に置きっぱなしでいつの間にかタイヤが盗まれた車など、自動車ディーラーでは下取り価格がほとんどなかったのに廃車専門業者はなぜ買取りしてくれるのか、その理由を詳しく解説しています。古くても、水没していても、タイヤがなくても単純にスクラップするだけではない場合がありますのであきらめる前にぜひこのサイトを参考にしてください。

Search